天官賜福の鬼界や鬼市とは?人界についても解説!

アニメ
スポンサーリンク

中国アニメ「天官賜福」が人気急上昇ですが、世界観や背景がわかりにくいという声が上がっています。

そこで今回は「天官賜福の鬼界や鬼市とは?人界についても解説!」と題して、鬼界や鬼市、また人界についてもしっかり解説していきたいと思います!

天官賜福の世界観や背景を理解するだけで、面白さが一気に何倍も変わるので、是非鬼界や鬼市、人界についてフワフワしている知識の方はご一読ください。

スポンサーリンク

天官賜福の鬼界や鬼市とは?

天官賜福の鬼界や鬼市について、見ていきたいと思います。

天官賜福の鬼界とは

天官賜福の鬼界とは、死んだ人間が住む世界です。

原作の中国語では、死者の霊魂をと呼んでいます。

そこから鬼界という言葉がきているんですね。

死んだ人が全員鬼界に行くわけではありません。

死んで鬼界に行かない人は、霊魂となって消滅する人もいます。

鬼の種類

鬼にも種類があります。

商売をする鬼、人を殺す鬼、他にも色々な鬼が天官賜福の鬼界には存在します。

  • 天界の神官たちが人間だったときに何をしたかはよく知られているが、鬼の生前の素性はほとんど知られていない。

鬼の等級は4段階

鬼の中には人に害を与えない鬼もいます。

人に害を与える鬼は、以下のとおり4つの等級があります。

・悪
・厲
・凶
・絶

人界についても解説!

次に、天官賜福の人界について、見ていきたいと思います。

天官賜福の人界とは

人界には、人間が住んでいます。

ここに住む人間は、修行をしたり徳を積んだりすることで神(神官)になることが出来るのです。

これを飛翔と呼んでいます。

この飛昇は、誰しもができるわけではありません。

数百年に一人いるかいないかという僅かな確率です。

ですので、飛昇し天界に行くことが出来る人は素晴らしい力を蓄えている人ということになります。

飛翔できなかった人はどうなる?

たとえ飛昇できなくても、神官に指名された場合に限っては、神官の補佐や世話係として天界にいくことができます。

指名がない普通の人間は、信徒となります。

神(神官)に線香をあげたり、お供えをして願い事をするといった感じです。

信徒の数は神官の評価につながっています。

神官にも人気・不人気があり、信徒数が増えると神官の法力があがります。

そして、信徒の信仰心が強いと神官の功徳も増えていきます。

飛翔する前から悪評はついている人間は、飛翔してもやはり評価されないようです。

信徒と神官もつながりは深く関係しているのですね。

まとめ

以上「天官賜福の鬼界や鬼市とは?人界についても解説!」と題してまとめてみました。

鬼界1つでも色々な種類や等級があるので、そこも知識として知っているだけで、天官賜福のおもしろさが違ってきますよ!

日本語小説版も販売を気にされている方も多いはずです。

こちらについても情報が入り次第、記事に書いていこうと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました